<< 農大生がおくる! 世田谷の花名所 等々力渓谷 緑のトンネル | main | 神代植物公園へ >>

スポンサーサイト

  • 2011.03.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


農大生がおくる! 世田谷の花名所 等々力渓谷 不動の滝

 

前回(下記URL)の続きです。
http://syokuai.jugem.jp/?eid=210


 緑のトンネルを抜けると、一面が苔生した岩壁。
龍の石像から水が流れ、岩壁全体から水が染み出す。

等々力渓谷の「不動の滝」です。
「不動明王」を祀っている場所で、霊験あらたかな場所です。

 晴れの日にいけば、一面に豆電球を灯したように、コケが光ります。
コケに滴る水滴が光を通し、淡く光る現象で、
コケ自体が発光しているわけではありません。

なかなか美しい光景ですが、写真に撮るのは難しいようです。
去年に一度だけ、ほんの一部ですが写真撮影に成功したので、
別の機会に紹介しようと思います。







 滝の近くに「茶屋」があります。
森の中に広がる毛せん、濃緑色の中の真紅、和風な色合い。
落ち着く雰囲気です。

ここから先に進むと、急峻な階段があるので、一息つくのもいいでしょう。







 階段の上には「満願寺」が建立されています。
木枠が入り組んだ土台を持っていて、木の根のように斜面にしがみ付いています。

この上はテラスで、森を上から眺めることができる場所です。







 等々力の森を眺めるテラス。

春には桜、夏には緑、秋には紅葉、冬には雪景色・・・と

季節によって変わる風景。
この場所は、移ろいゆく日本の自然美がある「等々力渓谷」の中で、
季節をのぞく「窓」といった印象があります。

ちなみに、桜の時期は下記URLで特集しました。
http://syokuai.jugem.jp/?eid=200



感想:夏は鬱蒼としており、湿度も高いのですが、
だからこそ、もっとも「渓谷らしい」季節だと思います。




スポンサーサイト

  • 2011.03.25 Friday
  • -
  • 04:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
SHOKUAI

当Blogはリンクフリーです。
バッチコイ。
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM