<< 明けまして・・・ | main |

スポンサーサイト

  • 2011.03.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


雨の日のメタセコイア 東京農大の中庭にて

 今年初めての書き込みます。農大植物愛好会のタナカです。

今月中頃、史上稀にみる規模の大震災が発生しました。
多くの犠牲者が出てしまい、とても残念です。

東北出身のサークルメンバーと研究室メンバーも少なからずいるので、
身近な人も心配でしたが。皆無事なようで一安心しました。

まだ被災地は厳しい状況が続いています。
募金と声援しか手伝えませんが、一日も早い復興を願っています。



本題に移ります。



 本日は、雨の日のメタセコイアの様子を紹介します。
雨の日は傘を差しているので、 中庭で上を向く人は少ないようです。
そんなわけで、あえて雨の日にメタセコイアを見てみようと思いました。





 秋雨が降る9月某日。
この日は朝から雨で、どんよりした雲が空を包んでいた。
薄曇りの中、鬱蒼とした木々はいつもに増して明暗がくっきりしていた。

 木々の陰影は晴れの日以上に顕著で、暗い中に映える傘の色彩が美しい。
また、緑の雰囲気も独特で神秘的。
しずくの滴る葉、濡れた樹皮、いつもより重厚な雰囲気だった。







 足元に目をやると、水たまりがある。
整然と並んでいるように見えるブロックだが、実は不規則な起伏に富んでいる。
そこに水がたまると、透明な模様が点在しているように見える。







 雨の日に写真を撮っていて思う。
離れたところからみると、人々と傘の列が面白い。

ここで道順に沿って規則的に動く傘たちは、まるでカラフルな川のようだ。
渋谷のスクランブル交差点を上から眺めると、ゆっくり動く花火のようでもある。
いろいろな場所でみられるが場所によって印象は異なる。

いずれにせよ、人波は規則的に動いて面白いし、雨の日はそれが判りやすい。







 レンズに水滴がついてしまった・・・
少し上を向くと、カメラは水に怯える羽目になるが、人間の目はそうでもない。
生物の目が持つ耐候性には感心した。

 一通りメタセコイアを見た後、二限目の授業に向かいながら考えた。

時間帯や天候が違えば光の加減も違うし、当然仕上がる写真も異なる。
だから、自然写真は面白いし奥が深い。
いや、写真にとらなくても、目を向けて観察するだけで感銘はあるかもしれない。

たとえ身近な植物でも、このように変化を楽しめるのだから、
自然をみつめることは気軽な趣味かもしれない。

こんなことを考えた。



※次回は「秋の紅葉」を紹介し、メタセコイアシリーズのラストとします。


スポンサーサイト

  • 2011.03.25 Friday
  • -
  • 01:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/05/05 10:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
SHOKUAI

当Blogはリンクフリーです。
バッチコイ。
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM